- 炭の利用方法 -

料理、飲料水

炭を炊飯器に入れて炊くだけでご飯が美味しくふっくらと炊き上がります。炭を入れる場合はきちんと水洗いしましょう。

飲料水に炭を入れると、炭が水道水のカルキ臭を吸着し、ミネラル分が水に溶け出しまろやかな味になります。炭は煮沸消毒してください。

水分を含むガス火で焼くのとは違い、水蒸気が出ないためにこんがりとおいしく焼けます。プロパンガスとは違いこんがりと焼けます。

煮物に炭を入れると、煮崩れを防ぎ、もちもよくなるといわれています。

炭を入れててんぷらを揚げると、その赤外線効果でぱりっとおいしく出来るといわれています。

お風呂、消臭、飾り炭

入浴用炭を風呂に入れるとお湯を弱アルカリに変えて、リラクゼーション、マッサージ効果があるといわれています。

ミネラルやアルカリイオン、遠赤外線により血行を促進したり湯冷めがしにくくなるとも言われています。 水道水同様カルキ臭を吸着し、塩素も吸着しますので優しいお湯に変えてくれます。

木酢液と一緒に使えば効果はより高まるといわれています。

飾り炭は置いておくだけで、消臭、除湿の効果がありますので、トイレ、台所等に置いておくと良いです。

住宅、除湿

家の床下に炭を敷き詰めると、除湿、防虫効果があります。

炭を置くことにより、梅雨時期でも床下の湿度を95%以上になることはなく、結露を起こさず、カビも生えにくくなります。

白アリやダニは湿気を好みます。湿気を抑えることにより、白アリ、ダニの発生や侵入を抑えます。つまり虫を殺すのではなく、家の環境が変ることにより繁殖や侵入を防いでくれます。

普通の木材は含水率が20%を越えるとカビが発生しやすくなり、腐りやすくなるといわれています。炭の除湿効果で年間を通して除湿、調湿してくれます。 また化学物質や臭いも吸着してくれます。

炭はメンテナンスフリーです。しかも半永久的に効果を発揮してくれます。

また熱帯魚等の観賞魚の水槽に入れるとカルキ臭を除き、汚れを吸収して水を綺麗にしてくれるようです。

炭に簡単に着火する方法を伝授いたします!

●用意するもの

  • 火箸等炭をつかむ物
  • 火消し壷
  • 空き缶の上下をくりぬいた物
  • 割り箸や新聞紙、細かい炭等
  • 台所用ライター等
  • 火鉢やコンロ
  • お肉やお魚

●夏は下に、冬は上に。「夏下冬上(かか・とうじょう)」

炭に火をつける昔からの格言があります。それが、夏下冬上です。
昔からの言い伝えで、夏は炭の下に種火を置くと、種火は「暑い、暑い」と外に向かって出たがり、冬は炭の上に種火を置くと「寒い、寒い」と中に向かって入りたがる、ということです。
これを守ってみましょう。

火をつける際に必要となるものが、割り箸や、細かい炭、新聞紙等です。
これらが無いと、なかなか火が付いてくれません。

また基本的に炭や火種がよく乾燥している物を使うこと。
炭が湿った状態だとなかなか火が付かないのは勿論ですが、煙が多く発生したりします(お肉を焼くときに煙がたくさん出たら嫌ですよね)。よく乾燥したものを使うようにしましょう。

また、良くジェル状の着火剤がついていますが、あれは炭に直接つけて使用するのではなく、火種となるもの(割り箸や、細かい炭)につけて使うものです。それから炭に火をつけるようにしましょう。

●具体的な火のつけ方

今回は夏のキャンプ等での使用を前提に説明します。

まず炭を置きます。その際に火をつけるための割り箸や、細かい炭、新聞紙等を先に置きます。着火剤がある場合はそこにつけましょう。
そしてその上に炭を置きます(置けないようでしたら、先に割り箸等に火をつけておきます)。
そして、炭の上に空き缶の上下をくりぬいたもの等筒状の燃えないものを炭の中心あたりに縦に置きます。
すると空気の通り道ができ(炭の中心を空気が流れる)簡単に火をつけることができます。
また、七輪等で行う場合は空気口を風上に向けると火付きがよくなります。

夏は種火を下に・・・

夏は種火を下に・・・

冬は種火を上に・・・

冬は種火を上に・・・

●火の上手な消し方

炭に火をつけたら今度は消さなければなりません。
汚さず、経済的な消し方を伝授いたします。

まず、キャンプ場でよく見かける「水をかけて消す」やり方ですが、あれはよくありません。
水蒸気が大量に発生して周りの人にも迷惑ですし、キャンプ場も汚れてしまいます。

上手な消し方は火消し壷を用意したり、砂をかけることです。
炭に砂をかけたり、酸素をなくして消すことによって次にも使うことができますし、次に使うときはより簡単に火をつけることが出来ます。火消し壷の場合だとそのまま手を汚さずに持っていけます。

以上のように、炭に火をつけるテクニックを養ってみてはいかがでしょうか。


ゆうげんかいしゃ
やちりんぎょう

〒028-8603 岩手県久慈市山形町荷軽部第3地割18番地
TEL:0194-72-2221(代)  FAX:0194-72-2330  E-mail:sumino1@cocoa.ocn.ne.jp

有限会社
谷地林業

 森と炭を守って

カウンター