- 炭の基礎知識 -

日本の木炭

木炭の種類

木炭は木の名前によって分類されています。
大きく分類してクヌギ、ナラ、カシ、松(針葉樹)、栗、竹などに分けられています。その他のものを「雑」としています。

また、最近は外国産の樹種や、圧縮した木材なども出回っています。さらに、建築廃材等を炭にしているところもあるようです (もし有害な塗料等がついているとしたら・・あなたは使えますか?)

白炭と黒炭

炭を大きく分けると白炭と黒炭に分けられます。

 

外観

断面

燃え方、火付

炭焼き工程(ねらし)

白炭

白っぽく灰がついている、叩くと金属のような音 銀灰色でつやがある。割れ目が少ない 火付悪い。
火持ちが良い
窯口を大きく開けて炭窯を大きく開け、酸素を大量に入れガスが燃え温度を一気に1000℃ちかくまで上げる。その後水分を含ませた灰(消粉)をかぶせて消す。

黒炭

黒色、叩くと鈍い土器のような音 黒色。割れ目がたくさんある 火付が良い。
火持ちが短い
石や粘土で窯口と煙道口を密閉する。窯の温度は天井で800℃、底では400℃ぐらい。窯の中で火を消す。

白炭と黒炭の違いは上記の表にもあるように、
最後の消し方の違いで、異なる性質の木炭が作られます。
炭焼きの最後の炭化作業を「ねらし」といいます
上記のように温度の変化、調整は炭焼き職人の長年の経験、勘がものをいいます。
煙道の煙の色、匂い、量などで判断しています。
谷地林業窯の全景

炭の秘密

窯から煙が出ている様子

炭の効果等は様々な書籍等で書かれていますが、その秘密は維管束にあります。
維管束は縦横に通じる細いパイプを束ねた組織で、木の水分、栄養の通路の束です。木炭はこの木の基本的な形を残した状態で炭化が進みます。この細かい蜂の巣状の炭の内部表面積はなんと木炭1g当たり300平方メートルもあるそうです。
針葉樹でできた木炭は広葉樹の木炭よりも穴の大きさが大きく壁も薄い。
広葉樹の木炭は穴が針葉樹より小さく、壁が厚い。この違いが木材による、炭の種類にも通じます。

針葉樹の木炭は穴が多い分だけ酸素が炭の内部に侵入しやすく火付が良くすぐに高温になる木炭です。
広葉樹の木炭は穴が小さく壁が厚いため火付が悪い反面、燃焼速度が遅く火持ちがいい木炭になります。

火力

窯が空いている状態です。

普通に木材を燃やすと1キロgあたり4500カロリー(生材)といわれていますが、木炭になると発熱量は6500〜8000キロカロリーになります。

カロリーは白炭よりも黒炭が優れています。また木炭にすると木を効率よく使えることにもなります。

木酢液

いま木炭以上に注目をされている木酢液。木酢液とはなにか?

炭を作るとき、炭窯の煙を冷やして出来る液体の水溶性のものを木酢液と呼んでいます。
採取された木酢液は半年から1年を掛けて静置され、精製されたものが商品として出回っています。
木酢液の成分は80〜90%が水、残りの10〜20%が有機化合物です。

有機化合物の主成分は酢酸。その他に有機酸類、フェノール類、カルボニル化合物、アルコール類、中性成分、塩基性成分等に分類される成分が含まれています。また成分は樹種、炭化法などにより異なります。

この木酢液ですが、薬事法の規制もあり、〜〜が効く等と表記して販売できないので、大企業でなければ臨床実験など出来ないため、薬としての販売はなかなか難しいですが、人々の暮らしを支える健康法として古くから活用されているようです。

木酢液の主な用途

  • かまぼこ、イカの燻製などに添加する食品添加物
  • 有機栽培に使われる土壌殺菌、減農薬、土壌微生物の増殖
  • 香料、消臭剤、屎尿処理剤、昆虫類忌避剤
  • お風呂用
木酢液が通る煙突です。

木炭、竹炭、木酢液、竹酢液の生産量TOP3

順位

黒炭

白炭

竹炭

木酢液

竹酢液

岩手

和歌山

福岡

岩手

福岡

北海道

宮崎

鹿児島

福島

福島

福島

高知

福井

鳥取

香川


ゆうげんかいしゃ
やちりんぎょう

〒028-8603 岩手県久慈市山形町荷軽部第3地割18番地
TEL:0194-72-2221(代)  FAX:0194-72-2330  E-mail:sumino1@cocoa.ocn.ne.jp

有限会社
谷地林業

 森と炭を守って

カウンター